【経済学用語一覧】頻出単語を簡単な解説つきでまとめて紹介!

【経済学用語一覧】頻出単語を簡単な解説つきでまとめて紹介! 経済学用語
学術用語を徹底解説!

このページでは経済学の頻出単語をリサーチし、解説と例文を用語ごとにまとめていますので、わからない用語があればキーワード検索よりお探しいただけます。講義で知らない用語などが出ましたら、ご活用ください。

オリジナルレポートもあるよ!

当サイトでは用語解説だけでなく、オリジナルのレポート完成文の例を多数ご紹介しています。テーマの選定・タイトル・本文まで、レポートに必要な要素を全て済ませていますので、参考にしてください。
サイト内の検索フォームから、欲しいワードが含まれているレポートのみを検索することができます。欲しいレポートがお決まりの方は、検索してみてください。
noteでは2000字以上の長文レポートも取り扱っていますので、こちらもご利用ください。

https://note.com/reportholder/
スポンサーリンク
経済学用語

不動産総量規制とは

不動産総量規制とは、バブル期に政府が実施した不動産取引制限のための政策です。この規制は、市場や個人が過大な債務を負うことを防ぐために施行された。このような規制により、経済的に支払能力のない消費者に融資することができなくなり、持続不可能で不...
経済学用語

マネーサプライとは

マネーサプライとは、ある時点において経済で利用可能なお金の総量のことで、通貨と預金の両方から構成されています。マネーサプライには、企業、家庭、政府が保有するお金と、オンラインバンキングや電子マネーなどの流通するデジタルマネーが含まれます。...
経済学用語

「ビルト・イン・スタビライザー」とは?意味や使い方を簡単に解説!

ビルト・イン・スタビライザーの意味 ビルト・イン・スタビライザーとは、景気の変動とともに経済の安定が自動で図られるようにするための仕組み。物価の高騰などの外生的なショックを吸収し、世の中のお金の量(マネーストック)をコントロールする...
経済学用語

「公共投資」とは?意味や使い方を簡単に解説!

公共投資の意味 公共投資とは、政府や地方自治体などが、公共の目的で行う投資のこと。詳細には、行政投資(国家の一般会計、地方公共団体の普通会計や特別会計のうちの非収益的事業に関する投資)と、産業投資(地方公営企業や国・地方公共団体の収...
経済学用語

「ケインズ革命」とは?意味や使い方を簡単に解説!

ケインズ革命の意味 ケインズ革命とは、イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズの理論の提唱による、一連の経済学の変革をいう。1947年にアメリカの経済学者ローレンス・クラインによる著書『ケインズ革命』によって広まった。1936...
経済学用語

「赤字国債」とは?意味や使い方を簡単に解説!

赤字国債の意味 赤字国債とは、国の歳出に対して税金・官業収入などの歳入だけでは賄いきれない分を補うために発行される国債である。本来、財政法では、国の会計は国債を発行して資金を借り入れることなく、税金収入等のみで運営するべきと定められ...
経済学用語

「アナウンスメント効果」とは?意味や使い方を簡単に解説!

アナウンスメント効果の意味 経済学におけるアナウンスメント効果とは、金融政策担当者など人々の心理に多大な影響を与える人物の発言が、政策自体の実質的な効果に加えて、心理面でも人々の行動に変化をもたらすこと。例えばその国の中央銀行総裁が...
経済学用語

「民間債」とは?意味や使い方を簡単に解説!

民間債の意味 民間債とは、民間の企業が発行する債券の総称。債券とは、国や企業が資金を借りる際に発行する借用証書である。民間債は、企業が市場から資金を直接調達するために発行する「事業債(社債)」と、金融機関が発行する「金融債」の2種類...
経済学用語

「公定歩合」とは?意味や使い方を簡単に解説!

公定歩合の意味 公定歩合とは、民間金融機関が国の中央銀行から資金を借り入れる際の金利のことをいう。法律上、銀行・信用金庫等は、日本銀行に開設している当座預金口座に法定準備預金を預けておかなければならないが、日々の資金繰りでこの法定準...
経済学用語

技術革新による経済発展とは

 近代経済学において有名な学者にシュンペーターがいる。シュンペーターは、経済発展の原因にイノベーションを挙げた。イノベーションを和訳すると技術革新となる。技術進歩や技術革新は生産技術の高度化と総称されるのだが、生産技術の高度化は生産性を高...
経済学用語

「特別会計」とは?意味や使い方を簡単に解説!

特別会計の意味 特別会計とは、あらかじめそれぞれの会計ごとに特定事業・資産運用等、運営目的が決まっていて、他と区別されている会計のこと。例えば、年金特別会計なら、被保険者や事業主から徴収した保険料が、他の税収と混ざって年金以外の目的...
経済学用語

「一般会計」とは?意味や使い方を簡単に解説!

一般会計の意味 一般会計とは、基本的な政府活動全般を行うための会計のこと。これに対し、予めそれぞれの会計ごとに、特定の事業・資産運用等資金の使い道が決まっており、他の会計と区別して運営しているのが特別会計である。国・地方自治体のそれ...
経済学用語

「公債(公共債)」とは?意味や使い方を簡単に解説!

公債(公共債)の意味 公債とは国や地方公共団体、政府関係機関が負う債券(借金)のことで、公共債とも呼ばれる。国が発行する公債は「国債」、地方公共団体による公債は「地方債」という。一時的な資金不足や、歳出のための財源を賄うことが目的で...
経済学用語

「フィスカル・ポリシー」とは?意味や使い方を簡単に解説!

フィスカル・ポリシーの意味 「フィスカル・ポリシー」とは、物価の安定、国際収支の均衡や完全雇用の維持を確保するために、政府の裁量をもとに実施される財政政策である。例えば、景気が不況の場合、公共事業に対する歳出を拡大し、公共事業を活発...
経済学用語

「コンドラチェフの波」とは?意味や使い方を簡単に解説!

コンドラチェフの波の意味 コンドラチェフの波とは、経済循環サイクルの1つで、平均周期50年〜60年の長期のサイクルのこと。1926年、ロシアの経済学者コンドラチェフ(Nikolai Dmyitriyevich Kondratieff...
経済学用語

「財政投融資」とは?意味や使い方を簡単に解説!

財政投融資の意味 「財政投融資」とは、国の財政政策で特定の事業へ資金が行き渡るように政府系金融機関や地方公共団体、独立行政法人等を通じて行う出資、または融資である。民間金融機関ではリスクが高く対応が難しい長期に渡る資金供給、公共性の...
経済学用語

「護送船団方式」とは?意味や使い方を簡単に解説!

護送船団方式の意味 「護送船団方式」とは、集団の中で最も進行速度が遅いものに合わせて進行する方式である。例えば、日本において第二次世界大戦前、金融恐慌により弱小金融機関が多く淘汰され、破綻が相次ぎ、社会不安を招いたことから、戦後は大...
経済学用語

「金融ビックバン」とは?意味や使い方を簡単に解説!

金融ビックバンの意味 「金融ビックバン」とは、米国や英国をはじめとする国の金融市場における大規模な規制緩和を軸とした政府主導の改革である。例えば、英国では1986年以降英国市場主義を掲げ、手数料の自由化、二重資格制の導入、取引会員権...
経済学用語

「国債」とは?意味や使い方を簡単に解説!

国債の意味 国債とは、国が発行する債券のことで、国家の信用の上に成り立っている。国庫債券の略称で、日本が発行する債券は「日本国債」と呼ばれる。債券とは、事業に必要な資金を借り入れるときに発行する有価証券であり、借金の証明書の役割をは...
経済学用語

「政府系投資ファンド」とは?意味や使い方を簡単に解説!

政府系投資ファンドの意味 政府系投資ファンドとは、各国の政府によって出資された、政府系投資機関が運営する投資ファンドのこと。政府系ファンド、ソブリン・ウェルス・ファンド(Sovereign Wealth Fund)とも呼ばれる。中国...
経済学用語

「銀行券」とは?意味や使い方を簡単に解説!

銀行券の意味 「銀行券」とは銀行が発行する一定の貨幣額を表示させた通貨として機能する紙片である。例えば、日本では中央銀行である日本銀行が発行している「日本銀行券」である。より具体的には一万円札や五千円札、二千円札、千円札と一般的に呼...
経済学用語

「通貨制度」とは?意味や使い方を簡単に解説!

通貨制度の意味 「通貨制度」とは通貨価値を人為的に決定し、金(きん)の保有量と無関係に、必要に応じて不換紙幣を発行する制度のことである。例えば、日本の中央銀行である日本銀行が法定通貨である円建ての貨幣を増発し市場へ供給することにより...
経済学用語

「ジュグラーの波」とは?意味や使い方を簡単に解説!

ジュグラーの波の意味 ジュグラーの波とは、景気循環サイクルの1つで、平均周期約10年の中期のサイクルのこと。主な変動要因は設備投資である。1862年、フランスの経済学者ジュグラー(Joseph Clément Juglar)が提唱し...
経済学用語

「日経平均株価とTOPIX」とは?意味や使い方を簡単に解説!

日経平均株価とTOPIXの意味 日経平均株価とは、東京証券取引所の第一部に上場している企業の中から、特に株の売買が盛んで流動性が高く、かつ、業種の偏りがないよう配慮して225銘柄を選定し、算出した平均株価である。株価は、年末年始を除...
経済学用語

「日本銀行」とは?意味や使い方を簡単に解説!

日本銀行の意味 日本銀行とは、日本唯一の中央銀行(国の銀行の中心的役割)で、物価の安定と金融システムの安定を目的としている。主な役割は、国からの預金を受けて政府の資金を管理する「政府のための銀行」、市中銀行から預金の一部を預かったり...
経済学用語

「月例経済報告」とは?意味や使い方を簡単に解説!

月例経済報告の意味 月例経済報告とは、内閣府が毎月景気指標に基づいて、景気に関する政府の公式見解を示す報告書である。報告書は、景気の基調判断のほかに、個人消費、民間設備投資、住宅投資、公共投資、輸出・輸入、物価、雇用、企業収益、地域...
経済学用語

「金本位制」とは?意味や使い方を簡単に解説!

金本位制の意味 「金本位制」とは一定量の金の価値が貨幣一単位の価値と、常に等しい価値を持つ関係にあるよう設定されている貨幣制度である。例えば、1kgの金の価値は常に700万円に等しい価値として取り扱うということだ。つまり、金本位制下...
経済学用語

「減税」とは?意味や使い方を簡単に解説!

減税の意味 「減税」とは立法により租税の負担額を軽減させることである。例えば、国会において消費税、所得税、住民税、たばこ税等の課税率を引き下げる法案を可決することで、消費税であれば日用品の購入者、所得税であれば給与支払いを受けている...
経済学用語

「キチンの波」とは?意味や使い方を簡単に解説!

キチンの波の意味 キチンの波とは、景気循環サイクルの1つで、平均周期40ヶ月の短期のサイクルのこと。主な変動要因は在庫投資である。振幅は小さい。1923年、アメリカの経済学者キチン(Joseph A. Kitchin)が提唱した。企...
経済学用語

「景気予測」とは?意味や使い方を簡単に解説!

景気予測の意味 景気予測とは、将来の景気の動向を予測することである。各経済主体にとって、行動計画を建てるためには将来の経済環境を予測することが重要であり、多くの機関が景気予測を発表している。特に政府が発表する代表的な景気予測として、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました