タイトル:「マルティン・ハイデガーの存在論:存在と時間における新しい思考の探求」

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル:「マルティン・ハイデガーの存在論:存在と時間における新しい思考の探求」

序論:

マルティン・ハイデガーは20世紀哲学界で最も影響力のある思想家の一人である。彼の哲学の核心をなす存在論は、特に彼の著作「存在と時間」に顕著に表れている。この論文では、ハイデガーの存在論の特性と重要性に焦点を当てて掘り下げていきます。

本論:

ハイデガーの存在論は、「存在」に対する一般的な理解を激しく問い直す。彼は存在とは何か、我々が存在する意味は何かと問う。それは、物や事象が単に存在するだけでなく、「存在している」という事実自体が人間にとって意味を持つと考えていた。

「存在と時間」では、ハイデガーは存在の理解を「存在者」(物や事象)と「存在する者」(人間)の二つに分ける。彼によれば、人間だけが自身の存在を認識し意識することができ、その結果、存在の問いは決定的な意味を持つ。

また、彼は「時間」を存在論の根底に据えている。時間を通じて人間は自身の存在を認識し、自らの未来を向かえることが可能となる。これは「時間性」という概念であり、我々の存在の「存在的な」理解を形成する。

結論:

ハイデガーの存在論は、我々が存在と時間について理解する方法を根本から変える。存在とはただ存在するだけではなく、意識的に自身の存在を認識し、時間を通じて自己を理解する行為であると彼は主張する。これこそが、ハイデガーの新たな存在の理解の提唱であり、彼の哲学の中核をなす。

ハイデガーの存在論と時間性の概念は今もなお現代の哲学、特に存在主義、現象学に多大な影響を与えており、我々の存在についての理解に対する新たな洞察を与えてくれる。

タイトルとURLをコピーしました