タイトル: ハイデガー: 存在と時間の解明

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル: ハイデガー: 存在と時間の解明

序論:

本論文は、哲学者マルティン・ハイデガーの存在と時間についての理論を、彼の主要な哲学的イデオロギーとの関連性を明らかにすることで詳述する。ハイデガーの思想の源泉と展開を把握するため、彼の生涯と哲学的業績を概観しつつ、彼自身による存在論の定義やそれが人間理解にどのように影響を与えるか探る。

本論:

ハイデガーの最も重要な作品「存在と時間」(1927) に見られる主題は、「存在」の問い方である。彼は伝統的な形而上学を批判し、人間が何であるかではなく、存在の意味自体を探究した。「存在」は概念的なものではなく、本質的には「在ること」、つまり「存在すること」の意味であるとハイデガーは言う。存在が時間とどのように結びついているのかを明らかにすることが、「存在と時間」の主要なテーマと言える。

彼の人間観は「存在-在る」というギリシャ語の意味に基づいている。この人間観は、人間が存在の中で意識的でありつつ存在の問題に直面する存在者であると定義した。この考え方はハイデガーが「存在者」(Dasein)と名付けた概念を形成する。彼にとって、人間は自己の在り方を問う唯一の存在である。

結論:

ハイデガーの思想は存在の問い方への独自のアプローチを開拓している。「存在と時間」は、時間を通じて存在を理解するという新たなパラダイムを提示している。ハイデガーの独自の哲学は現代の哲学と人間理解へ重要な影響を与えている。したがって、存在と時間についての彼の洞察は、人間性を探求し続ける私たちの旅に対する積極的な寄与であると言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました