タイトル: 「カントの理論と実践の哲学」

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル: 「カントの理論と実践の哲学」

序論:

イマヌエル・カントと言えば、近代哲学の巨星として知られる哲学者で、その業績は知識論、倫理学、形而上学、自然科学の哲学などに及ぶ。彼の哲学は「批判哲学」とも称され、主体の認識能力を基点として世界を理解しようとする思想が特徴的である。本論文では、彼の豊かな理論と倫理への洞察に焦点を当て、カントの真髄を探求したい。

本論:

カントの哲学は、「形而上学的認識の可能性」を問題にすることから始まる。彼の認識論は、「知識についての問い」を中心に据え、特に「批判哲学」の展開により、経験論と合理論の対立を克服する試みがなされた。彼の考えでは、自由と必然の両方が人間の認識に含まれ、世界とは我々が認識するものとして存在する。

またカントの倫理学は、「善の本性」を問題視する。彼は類推と感情に基づく倫理観を退け、理性そのものが道徳法則を生み出すと主張した。その中心にあるのが、「誰にとっても必ず従うべき普遍的な法則」、即ち「誡命」である。己の行為が一般法則として設立できるか否かを基準とするこの思考法は、「カントのカテゴリカル・インペラティブ(絶対命令)」として知られる。

結論:

最後に、カントの貢献を集約すると、彼のすべての理論の根底には、「人間の理性が自身が存在する世界を形成する役割を果たす」という見解が見て取れる。これは当時の哲学者達が抱いていた疑問に対する彼独自の答えだったと言えるだろう。(日本語文字数:567)

タイトルとURLをコピーしました