タイトル: ハイデガーの哲学:存在と時間

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル: ハイデガーの哲学:存在と時間

序論:
20世紀の哲学者として著名なマルティン・ハイデガーは、彼の主要作品である『存在と時間』を通じて存在の本質を究明しようと試みました。彼の思考は、現象学、実存主義、そして東洋哲学に大きな影響を及ぼしました。本論文では、ハイデガーの哲学について考察します。

本論:
ハイデガーは哲学の問いを「存在の問い」に焦点を当て直しました。彼によれば、すべての存在者 – 人々や生物、物体まで – は異なる方法で存在していますが、我々はまだ存在とは何かを理解していません。「存在の問い」は、それ自体が存在するもの、特に人間の存在について没頭することで解き明かすことができます。

ハイデガーは「人間の存在を通して存在を理解する」ことを主張しました。人間の存在の特性である「存在に対する問い」の中に、存在の本質が顕現します。人間の存在を「有限」、「死に向かっている」、「世界に投げ出された」と定義し、時間と死が存在の理解に重要な役割を果たすと述べました。

なお、彼の思考は時間を直線的ではなく、線形的なものと捉えています。ハイデガーによれば、人間は過去、現在、未来を統合し、存在の理解を深める「時間性」をもっています。「時間性」は、「存在」そのものを問うポイントとなります。

結論:
ハイデガーの存在論は、人間の本質と時間性に基づき、存在の問題を新たな視角から切り開いた。彼の理論は20世紀哲学だけでなく、人間科学全体に多大な影響を与えた。しかし、その答えは依然として開かれたままであり、ハイデガーの哲学は私たちが存在の問いに取り組むための大いなる道しるべとなっている。

タイトルとURLをコピーしました