タイトル:存在と意識:哲学の視点からの探求

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル:存在と意識:哲学の視点からの探求

序論:

本論文では、哲学という視点を用いて、人間の存在と意識について考察します。我々が意識という抽象的な領域を理解するためには、哲学の手法と視点が不可欠となると主張します。日本の哲学者である西田幾多郎は、「生と死を問う」と主張しました。その問いを通じて、存在と意識というテーマを考察します。

本論:

存在とは、具体的には生命の実存、あるいは物質的な存在としての自己の実感を指します。これに対して意識とは、自我と世界を認識し理解する能力です。元来、存在と意識は密接に関わり合っています。存在における現象と、意識による認識が織りなすこの世界の理解が、哲学の大きなテーマだと言えます。

私たちは絶えず変化し続ける現象―人間の生活、社会、自然界を、我々自身である意識を通じて解釈します。ここには、「自分がいて、その自分が世界を認識する」というダブルな存在感が生じます。哲学者のデカルトは、「我思う、ゆえに我あり」と述べました。つまり、存在と意識は一体であり、裏返せば、意識することで初めて存在を自覚するとデカルトは認識していました。

西田幾多郎はこのデカルトの主張に対して、「絶対無からの自己確定」という視点を提示しました。無から産まれる存在感、そこから生まれる意識の在り方を究極的に問う姿勢が、哲学を深化させたと言えます。

結論:

哲学では、存在と意識の相互関係を、多角的な視点から探求します。デカルトの「我思う、ゆえに我あり」から西田幾多郎の「絶対無からの自己確定」へと、その視点は多様です。このような多様性が、存在と意識に対する理解を深める原動力となります。

人間の存在って意識は、個々の生命から社会、さらには宇宙に至るまで、調和と矛盾を繰り返しながら進化します。その進化を、哲学は理論的、あるいは抽象的な視点で語り続けます。それが、我々人間が自己と世界を理解し、ともに育っていくための道しるべとなることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました