タイトル:「超高齢社会における持続可能な社会制度の構築に向けて」

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

タイトル:「超高齢社会における持続可能な社会制度の構築に向けて」

序論:
近年、我が国は突如として超高齢社会の先端国となり、多くの課題に直面している。高齢化のプロセスが先進的であるため、解決策・対策は我々独自のものでなければならない。本論では、この超高齢社会における持続可能な社会制度の構築について論じる。

本論:
まず、高齢化が進む社会において押し付けられる最大の問題は、社会保障費の増大である。現在、社会保障費は国家予算の三分の一を占めており、これが続けば国家財政が破綻することは明白である。そのため、現行の社会保障制度の持続可能性には疑問が投げかけられている。

次に、高齢化社会における人口構造の変化により、労働力人口の減少が予測される。その結果として、生産性の低下や経済成長率の停滞が危ぶまれる。こういった問題に対処するには、高齢者に対する再就職制度の整備、女性・外国人労働者の積極活用などが求められる。

結論:
我が国が抱える高齢化問題は決して個々の問題ではなく、社会全体が直面する課題であり、その解決は一朝一夕には達成できない。ただし、早期からの対策練定と制度設計、それに続く実行が必要となる。そして、その基盤となるのが、高齢者に対する適切な敬意と尊重である。将来的には、我が国が超高齢社会を生き抜くモデルケースとして、世界に一石を投じることが期待できるだろう。

タイトルとURLをコピーしました