【タイトル】

2000字以上の長文レポートを読むならサブスクプランがおすすめです!

【タイトル】
『日本憲法の特徴と稼働構造:デモクラシーにおける役割と問題点』

【序論】
日本には現行自体が「日本国憲法」という唯一の憲法が存在します。これは本質的に国家の最高法規であり、国家の形態、国民の権利や義務、政府の形成などを定めた基本的な法律文書であり、全ての法律は憲法に基づいて制定され、解釈されるべきです。

【本論】
日本国憲法は、1946年に制定され、翌年施行されました。大日本帝国憲法(明治憲法)からの名実ともに大きな転換をもたらしています。明治憲法下の日本は絶対的な天皇制国家でしたが、日本国憲法は民主的な立憲主義国家に移行しました。

第一の特徴は、「基本的人権の尊重」です。これは憲法前文と第11条から第40条にかけて詳述されています。これらの条文は戦争の経験から生まれた教訓であり、人間の尊厳と価値を守るために確立されました。

第二の特徴は、「国民主権」です。国民が持つ政治的な権利を保証しており、国民が主権者であると明記されています(第1条)。一方、国民主権の原理は、全国民が平等に選挙権を持つ(第15条)とされており、これは明治憲法下で成立していた貴族院の存在を否定します。

第三の特徴は、「平和主義」です。戦争放棄と軍隊を保持しないとする第9条の規定は、日本独自の存在条件であり、1639年から開国される1854年までの鎖国ポリシーからの脱却を具現化しています。

しかしながら、これらの特徴は運用上、問題を抱えています。2015年の安保法制改正では、自衛隊の役割について議論がなされました。また、憲法改正議論も国民の間で分裂を生んでいます。

【結論】
日本国憲法は、極端な天皇制から民主主義への移行を図り、特に基本的人権、国民主権、平和主義といった特徴を有しています。しかしながら、現行憲法における諸問題は、憲法が持つ普遍的な価値と現代社会での実際的な運用との調和を図るための、我々全てにとっての課題となっています。この課題を乗り越えることが、真のデモクラシーを創造するための鍵となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました