用語解説

スポンサーリンク
哲学用語

実存主義

実存主義とは、キルケゴールをはじめとする哲学者たちが、個人的な存在や体験を重視する哲学的な立場です。実存主義は、人間の自由意志や責任を強調することが多く、人生の意義や目的についての考え方にも影響を与えました。実存主義は、現代哲学や現代文化に...
哲学用語

例外者

キルケゴールが提唱した例外者とは、多数派とは異なる生き方や考え方を持つ人々のことを指します。例外者は、社会の枠組みに適合せずに生きているために、社会に対する批判的な意見を持つことが多く、社会から排除されることもあります。キルケゴールは、例外...
哲学用語

主体的真理

主体的真理とは、キルケゴールが提唱した真理の概念で、真理は個々の人々が自己の存在を内省し、主体的な経験として捉えることによってのみ見出されるとされます。主体的真理は、個人的な観点や経験によって構築されるため、普遍的な真理に対する批判的な見方...
哲学用語

あれか、これか……キルケゴール

「あれか、これか」は、キルケゴールの思想において、個人が真理や人生の意味を探求する過程で立ち向かう二つの選択肢を示している。この二つの選択肢は、個人が自己の存在を自覚し、自分自身を超えることを求めることから生じる。一つは、個人が外的なもの、...
哲学用語

ペシミズム……ショーペンハウアー

ショーペンハウアーによれば、人生は苦痛に満ちたものであり、快楽は一時的なものに過ぎない。人間は、欲望に駆られて苦痛を避けようとし、快楽を追求する。しかし、快楽を得たとしても、すぐに満足感は薄れてしまうため、人生は絶え間ない欲望と苦痛のサイク...
哲学用語

家族/市民社会/国家……ヘーゲル

ヘーゲルは、家族、市民社会、国家の3つの概念を重要な社会的形態として扱った。家族は、私的な領域であり、個人が基礎的な社会的スキルを習得する場所である。市民社会は、個人が自分自身の利益を求める自由な場であり、市場によって統制されている。国家は...
哲学用語

人倫

ヘーゲルによって提唱された概念で、倫理的な観点から人間の行動や関係を捉えることを指す。人倫は、自己実現や自由な発展を目指すことが重要であり、また、個人と社会の関係や、道徳的な判断についても探求される。
哲学用語

歴史

ヘーゲルによって提唱された概念で、人類が経験するあらゆる出来事や文化、社会の発展の過程を指す。ヘーゲルは、歴史は理性に従って発展していくとし、絶対精神によって支配されていると考えた。
哲学用語

弁証法

ヘーゲルによって提唱された哲学的手法で、相反する概念や矛盾を取り入れることで、新たな発展を生み出すことを目的とした思考法である。弁証法は、ヘーゲルの哲学において中心的な概念であり、彼の思想の多くに影響を与えた。
哲学用語

絶対精神

ヘーゲルによって提唱された概念で、人間の認識や歴史、文化的な発展などの全ての要素を包括する究極の存在とされる。絶対精神は、歴史の中で自己発展することによって、より高度な段階に進んでいくとされる。
哲学用語

ドイツ観念論

ドイツにおける哲学の一派で、ヘーゲルやシェリングなどが代表的な思想家として知られる。物事の本質は観念的な思考によって捉えられると考え、哲学における形而上学や自然哲学に重きを置いた。また、人間や社会を全体として捉えるホリズム的な視点が特徴であ...
哲学用語

批判哲学

カントによって提唱された哲学の一派で、人間の認識能力に限界があるとし、理性と経験を基盤とした知識に対し、批判的態度をとることを重視する。カントは、先天的な形式的思考能力が人間に備わっているとし、それによって理性的な思考や道徳的判断を行うこと...
哲学用語

目的の王国

「目的の王国(もくてきのおうこく、ドイツ語: Reich der Zwecke)」は、カントが『純粋理性批判』で提唱した概念の一つで、人間の自由な行為が最高の目的であるとする思想です。目的の王国においては、人間は他者を単なる手段としてではな...
哲学用語

自律

「自律(じりつ、ドイツ語: Autonomie)」は、カントが提唱した概念の一つで、自分で自分自身の行為規範を立て、自分でそれを守ることができる状態のことを指します。自律的な人間は、自分の意志に基づいて行動することができ、他者の影響に左右さ...
哲学用語

格率

「格率(かくりつ、ドイツ語: Kategorischer Imperativ)」は、カントが『純粋理性批判』や『道徳法則』などの著作で提唱した、行為の絶対的な道徳性を示す原理のことを指します。格率は、「自己と他者を同時に尊重することが必要で...
哲学用語

理論理性/実践理性

「理論理性」とは、我々が事物を理解するために用いる理性のことを指します。一方、「実践理性」とは、人間の行動を規定する理性のことを指します。カントは、人間が行動する際には実践理性を用いる必要があると主張しました。実践理性は、自己矛盾を排除する...
哲学用語

現象界/英知界

「現象界」とは、人間が直接経験できる現実世界のことを指します。一方、「英知界」とは、人間が経験できない、超越的な世界のことを指します。カントは、我々が理解できるのは現象界だけであり、英知界は我々の認識の限界を超えた存在であると考えました。カ...
哲学用語

定言命法

「定言命法」とは、カントが唱えた自己矛盾排除の原理であり、人間の理性が不可避的に自己矛盾に陥るような判断を排除するための法則です。カントは、人間の理性には自己矛盾に陥る可能性があることを指摘しました。そのため、カントは「定言命法」を提唱して...
哲学用語

道徳法則

カントによると、道徳法則とは、「自由な理性によって発見された、すべての合理的な存在に対して普遍的に適用される原理」のことです。道徳的判断をするためには、自由意志という能力が必要であり、自由意志によって道徳法則を自発的に守ることが求められます...
哲学用語

理性の二律背反

カントによれば、人間の理性には二つの法則があります。それは、理性の自由な使用と必然的な使用です。自由な使用は、ある主張を自分の理性で独自に判断することであり、必然的な使用は、経験や科学の法則に基づいた判断をすることです。しかし、この二つの法...
哲学用語

コペルニクス的転回

コペルニクス的転回……カント カントが提示した哲学的革命を「コペルニクス的転回」と呼ばれます。この転回は、知識のあり方を変革し、従来の認識論や形而上学的な問いかけを一新しました。具体的には、従来は外界の物体が人間の認識によって捉えられると考...
哲学用語

現象

現象とは、私たちの感覚や知覚によって知られる世界であり、人間が感覚的に認識できる範囲に存在するものを指します。カントは、「現象」と「物自体」という二つの概念を区別しました。現象は、私たちの感覚器官や知覚能力によって捉えられる形で、人間の認識...
哲学用語

カテゴリー

カテゴリーとは、カントにおいて理性に備わっている、あらゆる知識を取り扱うための基本的な概念のことです。カントは、12のカテゴリーを挙げており、それぞれが我々の認識活動に必要不可欠なものとされます。例えば、存在、因果関係、数量、質などがカテゴ...
哲学用語

物自体

カントにおける「物自体」とは、人間の認識能力を超えた、存在そのものを指します。物自体は、現象界とは異なり、我々が経験できる対象である現象とは別の領域に存在しています。カントは、我々が物自体について何も知ることができないと考えました。現象を認...
哲学用語

ア・プリオリ

ア・プリオリとは、経験に先立って、ある種の知識や概念を持っていることを指します。カントは、我々が知覚や経験を通じて得た知識についての「ア・ポステリオリ(後天的)」な知識とは異なり、ア・プリオリな知識は経験に基づいていないと主張しました。彼は...
哲学用語

カール・グスタフ・ユング

カール・グスタフ・ユング(1875-1961)は、スイスの精神科医であり、心理学者である。彼はフロイトと共に精神分析の分野を開拓し、自己心理学や分析心理学の創始者の一人として知られている。 ユングの最も有名な貢献の一つは、集合的無意識という...
哲学用語

ジグムント・フロイト

ジグムント・フロイト(1856-1939)は、オーストリアの精神科医であり、心理学者である。彼は、現代の精神分析の創始者であり、人間の精神的な機能や心の構造を探求することで、心理学や精神医学の分野を大きく変えた。 フロイトの最も有名な貢献の...
哲学用語

ジョン・デューイ

ジョン・デューイは19世紀アメリカの哲学者であり、プラグマティズム哲学の先駆者の一人として知られています。彼は教育学や社会哲学の分野で重要な業績を残し、知識や教育は現実に即した実践的なものであるべきだと主張しました。また、民主主義や社会改革...
哲学用語

ウィリアム・ジェイムズ

ウィリアム・ジェイムズは19世紀アメリカの哲学者であり、心理学や宗教哲学の分野で重要な業績を残しました。彼は実存主義の先駆者の一人としても知られ、個人の自由や自己決定の重要性を主張しました。また、宗教体験や信仰の本質についても研究し、宗教的...
哲学用語

チャールズ・サンダース・パース

チャールズ・サンダース・パースは19世紀アメリカの哲学者であり、プラグマティズム哲学を提唱したことで知られています。プラグマティズム哲学は、概念や理論は実践的な効果によって評価されるべきであるとし、現実と密接に関連している知識や真理を追求す...
スポンサーリンク