用語解説

スポンサーリンク
哲学用語

ジョン・スチュアート・ミル

ジョン・スチュアート・ミルは19世紀イギリスの哲学者であり、功利主義哲学を提唱したことで知られています。功利主義哲学は、行動や政策の正当性をその結果の幸福度によって判断するもので、最大多数の幸福を追求することが目的とされます。また、自由主義...
哲学用語

ジェレミー・ベンサム

ジェレミー・ベンサムは、18世紀イギリスの哲学者・社会改革家で、功利主義の創始者の一人として知られています。彼は、個々人の幸福が最大限に追求されるように社会制度を改革することを主張し、社会政策や法律の改革に取り組みました。彼の思想は、現代の...
哲学用語

フリードリヒ・ニーチェ

フリードリヒ・ニーチェは、19世紀ドイツの哲学者・思想家であり、現代思想史上最も重要な人物の一人とされています。彼の思想は、「神は死んだ」という有名な言葉で象徴されるように、キリスト教的な道徳や価値観を否定し、個人の自由や自己実現を重視しま...
哲学用語

カール・マルクス

カール・マルクスは、19世紀ドイツの哲学者・経済学者・社会学者で、共産主義の創始者の一人として知られています。彼の最も重要な著作は『資本論』であり、資本主義社会における労働者階級の抑圧と資本家階級の搾取を批判しています。また、彼は歴史の進化...
哲学用語

セーレン・キルケゴール

デンマークの哲学者であり、神学者。彼の哲学は、キリスト教の信仰と哲学を融合させたものであり、信仰と疑いの関係、自己と神との関係、倫理的選択などを探求した。彼の哲学は、現代の宗教哲学や存在主義に影響を与えた。
哲学用語

アルトゥール・ショーペンハウアー

ドイツの哲学者であり、芸術論家でもある。彼の哲学は、人生の本質は苦痛であるとする「悲観主義」で知られる。人間の欲望が強すぎるため、現実世界は不完全であり、真の幸福は、欲望からの解放によってのみ得られると考えた。また、彼は、芸術によってこの世...
哲学用語

ゲオルク・ヘーゲル

ドイツ観念論哲学者。知識、歴史、社会、文化、倫理などの問題を包括的な哲学的システムで結びつけることを試みた。彼の哲学の中心的な概念は、「精神」であり、「自己意識」や「合理性」といったものに重点を置いた。彼の哲学は現象学、存在主義、批判理論、...
哲学用語

フリードリヒ・シェリング

ドイツ観念論の哲学者。物自体としての自然界や神秘的な普遍的原理を追求した。人間の自己意識や主観性を自然界に適用し、哲学を神秘主義的な方向へと導いた。また、神秘主義的な傾向とともに社会的、政治的な問題にも取り組んだ。
哲学用語

ゴットリープ・フィヒテ

18世紀ドイツの哲学者。彼は、ドイツ観念論の創始者の一人であり、『ドイツ国民に告ぐ』を著し、ドイツ民族の自由と独立を主張した。また、自己意識の概念を提唱し、自己意識を基盤として自然や社会を認識するという方法論を提示した。フィヒテは、自己意識...
哲学用語

イマヌエル・カント

18世紀ドイツの哲学者。彼の哲学体系は、先験論、形而上学、倫理学に分かれ、『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』が代表作である。カントによれば、真理とは、経験からの認識ではなく、先験的な認識によって得られるものである。また、道徳...
哲学用語

アダム・スミス

18世紀イギリスの哲学者、経済学者。『国富論』を著し、自由放任主義の基礎を築いた。彼によれば、人々が自由に生産活動を行い、自己利益を追求することが、最大の利益をもたらす。また、自由市場においては、自然な価格メカニズムが働き、自動的に資源が配...
哲学用語

啓蒙主義

啓蒙主義は、17世紀から18世紀にかけてヨーロッパで興隆した思想運動である。啓蒙主義者たちは、人間は理性に基づいて自己を解放し、自由で平等な社会を作り上げることができると信じた。啓蒙主義者たちは、教育、科学、哲学などの領域において、伝統的な...
哲学用語

一般意志

一般意志とは、ルソーが提唱した概念である。それは個人的な利益や感情に基づく一時的な多数決ではなく、社会全体の最善の利益に基づく普遍的な意志を表すというものである。ルソーは、個人の利益が一般意志に反する場合、その人は自己愛の支配下にあると主張...
哲学用語

抵抗権

抵抗権とは、市民が不当な政府の命令に抵抗することができるという考え方である。ロックは、政府は市民からの同意を得なければならないと主張し、政府は市民の権利を保護するために存在すると考えた。しかし、もし政府が市民の権利を侵害し始めたら、市民は政...
哲学用語

リヴァイアサン……ホッブズ

「リヴァイアサン」は、17世紀のイギリスの哲学者トマス・ホッブズが著した政治哲学の名著です。この書籍では、人間が自然状態にある場合、つまり法律の支配のない状態にある場合、人間は自己保全のために戦争状態になると主張しています。そのため、社会秩...
哲学用語

繊細の精神……パスカル

「繊細の精神」とは、パスカルが用いた言葉のひとつで、彼が持つ哲学的立場を表します。この言葉は、人間の心や知識が限定的であることを表し、人間の知識や理解の限界を考えることが重要であるというパスカルの主張を表します。パスカルは、人間の限界を認め...
哲学用語

人間は考える葦である……パスカル

「人間は考える葦である」という言葉は、17世紀フランスの哲学者、ブレーズ・パスカルによって述べられました。この言葉は、人間の存在や人間の知識に対する謙虚な態度を表しています。パスカルは人間の知識は限定的であると考え、真実について完全な知識を...
哲学用語

モラリスト

モラリストは、倫理学についての研究者や論者を指す。モンテーニュは、彼自身の思想を「エセー」という形で表現した。彼の著作は、様々な主題についての個人的な考えや見解を含んでいる。彼は、人間の行動についての道徳的な判断に対して疑問を投げかけ、慣習...
哲学用語

認識論

認識論は、知識や真理についての哲学的研究を指す。ロックは、「タブラ・ラサ(白紙)」の概念を提唱し、人間の知識は経験によって形成されると主張した。彼によれば、人間の意識は、物事に関する感覚印象から構成され、それらが組み合わされることで知識が形...
哲学用語

実体

哲学用語の「実体(じったい)」は、物事の本質的な性質や存在する根源的なものを指す概念である。デカルトによれば、私たちが知ることができる唯一の真実は、「我思う、故に我あり」という命題に基づく、自己の存在に関する認識である。彼は、私たちが直接観...
哲学用語

因果関係

因果関係とは、ある出来事が別の出来事を引き起こすことを指す哲学用語である。ヒュームは、単に因果関係を観察することでは、必然性を発見することはできないと主張した。彼によれば、私たちは習慣的に、ある出来事に続いて別の出来事が起こることを予想する...
哲学用語

知覚の束

ヒュームは、人間が知覚するすべてのもの(印象と観念)が独立して存在するわけではなく、互いに関連し合って「知覚の束」として構成されていると考えた。すなわち、私たちの感覚や知覚は単独では存在するわけではなく、互いに相互作用しあって私たちの知覚体...
哲学用語

存在するとは知覚されていることである

バークリは、存在するものはすべて知覚されたものであり、知覚されないものは存在しないと考えた。すなわち、私たちが存在すると感じるものは、私たちが知覚することによってのみ存在するということである。
哲学用語

一次性質/二次性質

ロックは、物体には「一次性質」と「二次性質」の2つの性質があると考えた。一次性質とは、物体が持つ形や大きさ、運動などの物理的な性質であり、人間が直接知覚できるものである。一方、二次性質とは、物体が発する音や色などの物理的な性質ではなく、人間...
哲学用語

単純観念/複合観念

ロックは、知識は単純観念と複合観念から成り立つと考えた。単純観念とは、感覚や知覚などの単一のイメージであり、複合観念とは、複数の単純観念を結びつけたものである。すなわち、知識は経験に由来する単純なイメージを結びつけることで形成されると考えた...
哲学用語

タブラ・ラサ

ロックの認識論において、人間の心は生まれながらにして何も書かれていない「白紙」(タブラ・ラサ)であるとした。すなわち、人間は生まれたときには何も知識や経験を持っておらず、経験を通じて知識を獲得すると考えた。
哲学用語

充足理由律

ライプニッツの哲学用語で、原因・結果などが必ず何らかの理由によって結びついているとする原理を表す。彼によれば、あらゆる出来事には充足理由があり、それがなければその出来事は起こり得ない
哲学用語

予定調和

ライプニッツの哲学用語で、事物の調和的な配置を宇宙全体が持っていると考える立場を表す。これは、物事の因果関係が絶対的なものであると信じる彼の哲学において、あらゆる現象が予め調和的に組み合わされているという思想である。
哲学用語

予定調和

ライプニッツの哲学用語で、事物の調和的な配置を宇宙全体が持っていると考える立場を表す。これは、物事の因果関係が絶対的なものであると信じる彼の哲学において、あらゆる現象が予め調和的に組み合わされているという思想である。
哲学用語

モナド

ライプニッツが提唱した哲学用語で、単子とも呼ばれる。この用語は、宇宙を構成する最も基本的な単位であり、無限に存在するとされる。モナドは内的原理によって自己を運動させ、絶えず変化し続けているとされる。
スポンサーリンク